• ホーム
  • 一人暮らしに最適な間取りとは?

一人暮らしに最適な間取りとは?

きれいな部屋

一人暮らしをするために物件を借りる時に、間取りをどうするのかを決める必要があります。部屋の広さが大きくなればなるほど、家賃が高くなる傾向にあります。贅沢な暮らしがしたいのであれば、ある程度の広さがあったほうがいいです。

学生で一人暮らしをするのであれば、ワンルームもしくは1Kタイプが一般的です。ワンルームは部屋が1つしかありませんので、食事をするところから寝るところまでそこに居ることになります。収納スペースもそれほどあるわけでは無いので、押し入れなどに押し込む必要があります。1Kタイプはワンルームにキッチンが別についた形ですが、基本的な仕様はワンルームとそれほど変わりません。家賃はワンルームや1Kが一番安いので、何とかして節約したいのであれば、このタイプで我慢をする必要があります。

ワンルームや1Kにすると思ったよりも手狭に感じてします。一人暮らしであっても収納スペースが多く有ったほうがいいと思うのも無理がありません。そういうところでも収納スペースを十分に確保するために、ロフト付き物件に入居するという方法があります。ロフトは屋根裏にできるスペースで、収納場所や寝処など有効活用することが可能です。ワンルームや1Kでロフト付きの物件は若干高くなりますので、予算を超えているのかどうかという点で多少注意を要します。

社会人が一人暮らしをするという場合には、学生よりも稼ぎがありますのである程度贅沢をしようと思えばできますが、家賃が高くなると生活に支障が出てきますので、家賃と生活のバランスをしっかりと取ったほうがいいでしょう。間取りを選ぶならばエリアによって1Kや1DK、1LDKを選択することになります。1DKは1Kからダイニングが追加されたタイプで、1LDKは1DKからリビングが追加されたタイプです。1つ部屋がある間取りで言えば、1LDKタイプが一番家賃が高い代わりに収納スペースが多く取れる可能性が高いです。

学生で1LDKの部屋に入居するというのは現実的ではなく、社会人であってもそこそこ贅沢な部屋になる可能性があります。住むエリアによっては、1LDKになると月収を超えるというようなことも十分にあり得ますので、月収を考慮に入れた上で、節約できるところは節約しながら住むところを決めることになります。住むエリアによっては1Kでもそこそこ高いような物件もありますので、間取りを取るか、エリアを取るか、家賃を取るかということを考える必要があるでしょう。