• ホーム
  • 女性の一人暮らしで気を付けることとは?

女性の一人暮らしで気を付けることとは?

部屋について説明している女性

女性の一人暮らしはとても怖いと感じるものです。怖さは確かにありますが、きちんと防犯意識を持って過ごすことができれば、別に怯えることではないと言えます。少しでも警戒しながら過ごすことができれば、怖い事件に巻き込まれるということはありません。一人暮らしをする時には、自分の身は自分で守らないといけないということを自覚しましょう。

夏場であれば窓を開けて過ごしたいという風に思いたいかもしれませんが、そういう行動がしたいのであれば、高層マンションの上の階で行ったほうがいいです。普通のマンションやアパートであればそれは不審者の侵入を許す可能性があるので、絶対に止めておきましょう。窓を開けるのならば、空気の入れ替えのために数分程度にしておきます。

女性が下着などの洗濯物をベランダに干す行為は、女性がここに住んでいるんだなということを示すことになります。干している洗濯物が全て女性のものであるならば、女性しかいないということを示すマーカーになるということです。下着や洋服などの洗濯物は部屋干しにするか、乾燥機に入れるなどしましょう。このことは防犯意識が低い行動になりますので、女性の一人暮らしであることを悟られる行為は絶対に止めることです。

エントランスに入る際にオートロックがあることはセキュリティ上有効ではありますが、オートロックは万能なものではないことに気を付けるべきです。住人がロックを解除してオープンな状態になった時に、不審者が一緒に通り抜けることもできます。表玄関はオートロックにもかかわらず、外の非常階段から侵入ができるような物件もあるので、セキュリティ上安心な物件なのかどうかしっかりと確認してください。

女性の一人暮らしで心配なのが盗撮や盗聴と言った犯罪行為です。盗聴は部屋の中を知らぬ間に撮影されてしまうこと、盗聴は電話などの声を聞かれることです。どの行為も不安に感じることになるので、部屋を借りた時にチェックをしておきたいポイントになります。盗撮や盗聴を事前に知らせてくれる防犯グッズを使用したり、専門業者に依頼して盗聴器や盗撮器を見つけてもらうことも可能です。

一人暮らしをしている中で防犯グッズを有効に使うことによって、セキュリティレベルを上げることに繋がります。補助錠を活用することで、窓や玄関の防犯機能を高めることができます。
窓に防犯フィルムを貼ることで不審者が窓を割って侵入するのを防ぎやすくなるということです。便利な防犯グッズを有効活用してください。