• ホーム
  • 賃貸物件探しは情報サイトの活用と比較検証を徹底しろ!

賃貸物件探しは情報サイトの活用と比較検証を徹底しろ!

不動産について紹介する女性

賃貸物件を探すとなると、情報サイトを有効に使うことが何よりも欠かせません。上手い具合に情報サイトを活用することができれば、気に入った物件が出てきたときに、ネットにて管理会社にアクセスすることが可能です。物件を探している段階で管理会社に赴くことなく、情報サイトを活用するだけで自分が気に入った物件をすぐに探すことができます。

物件探しをするならば、まずは予算としてどのくらいなら掛けられるのかということをはっきりとさせる必要があります。予算として考える必要があるのが、敷金や礼金などの初期費用と家賃です。家賃は一般的に手取り収入の30%をオーバーすると生活がきつくなると言われていますので、30%を超えない範囲で物件を見つけることがポイントです。

ある程度予算としてかけられる金額が把握できたのであれば、賃貸物件の基本条件を確認します。基本条件として当てはまるのが、立地と間取り、駅からの距離、利便性の多寡などです。これらの項目について具体的にどうしたいのかという希望を挙げていきます。

サイトの情報を一つ一つ見ていくと時間が膨大にかかりますので、チェックする前に自分たちが賃貸物件に対して何を大切にするのかとか譲れない条件などを、ピックアップすることが重要になります。家賃の安さが何よりも重要なのであれば、家賃を優先して決めることになりますし、職場や学校からなるべく近い方がいいなど立地や交通手段を優先して決めるということもあり得ることです。個々で優先順位が違いますから、それをベースにして譲れるところは譲るようにすると希望する物件が探しやすくなります。

情報サイトを使って物件を探すのならば、希望するものを条件設定をした上で検索するようにしましょう。家賃や交通手段、エリア、間取り、利便性など条件項目がありますので、具体的に絞り込んで決めるようにすると、物件の一覧が出てきます。その中から希望する物件に近いものを詳細にチェックしていくといいです。絞り込みすぎてめぼしい物件が出てこないのであれば、条件を緩めて再度検索してみます。条件設定を変えながら検索してみて、希望の物件が出てくるまで続ける必要があります。

検索結果が出たのであれば、それを比較検証をしながら選んで行くことが大切です。比較するポイントは設定した優先順位になります。あれこれと目移りをすると基準がぶれてしまいますので、優先順位に沿って比較するということです。めぼしいものについてピックアップしたならば、管理会社にアクセスして本格的な部屋探しに移っていきます。